YaDoc

医師と患者をつなぎ
ともに治療に向き合うためのオンライン診療システム

YaDocへの想い

多くの患者にとって、自身の症状や容態の変化に気がつき、それを理解して正確に医師に伝えることは難しいことです。ましてや、高齢の方が診察室で限られた時間でとなると、なおさら困難です。一方、医師にとって、よりよい治療を行うことの第一歩は、「患者の状態を正しく知ること」にあります。その情報こそが、適切な診断、適切な治療方法の選択につながります。

そこで私たちは、医療の現場における「患者の状態を正しく知ること」の重要性から、医師にとって必要な患者の情報を示し、正確に確実に捉え、届けること。そして、このことを通じて、患者がより自身の心身の状況に気がつき、理解し、そしていたわることを目指し、受ける医療から参加する医療へと変わっていくことを目指したいと考えました。

このような想いから、「医師と患者をつなぎともに治療に向き合ためのオンライン診療システムYaDoc」は誕生しました。
医師と患者がよりよい医療に向けて協働することで、質が高く持続的な医療システムの実現を目指します。

YaDocとは

YaDoc(ヤードック)のYaは、心の距離が近く親密な関係で交わされる「やあ」という挨拶です。医師を支え、患者とのコミュニケーションを円滑にすることで、お互いの心の距離を近づけて良い関係になって欲しいとの想いから名付けました。

YaDocには、疾患や症状に応じた問診項目が設定されており、患者はまるで医師と対話するようにひとつひとつ自分のペースで問診に答えることで、診察に必要な情報を医師に伝えていくことができます。また回答した結果は、リアルタイムに医師側の画面に反映され、現状はもちろんのこと、過去からの変化も視覚的に捉えて把握することが可能です。患者のバイタルの変化はオンラインモニタリングで計測することができ、きめ細やかな経過観察を行うことができます。身体機能が落ちてしまい通院することが困難な患者や、多忙で継続的な通院から離脱してしまいがちな患者も、信頼を寄せられるかかりつけ医のもとへオンラインで状況を伝え、安心して治療を続けることができます。

治療に向き合うすべての患者と、それに寄り添いよりよい医療を提供したいと考える医師をつなぐインフラとして、皆様に選ばれる存在でありたいと願っております。

3つの機能

  • オンラインモニタリング

    オンラインモニタリング

  • オンライン問診

    オンライン問診

  • オンライン診察

    オンライン診察

外来診療での利用シーン

待合室で事前に問診に答えることで症状や要望が医師に伝わります。

医師は、事前に整理された情報を元に状況を把握し、より適切な治療方針を検討することができます。

通院が難しい患者は、自宅から受診をすることが可能となります。

医師は、診察室では把握できない、患者の生活状況や服薬状態を確認し、よりきめ細やかな経過観察や指導が行えます。

在宅医療での利用シーン

高齢者施設のケアスタッフあるいは患者を介護される方が事前に問診に回答することで、患者の症状や要望が医師に伝わります。

医師は、訪問前に状況を把握することで、薬や検査など必要な準備を整えて訪問することができ、手戻りや移動を最小限に抑えることが可能となります。

症状の変化など、定期訪問以外で医師に相談したいときにオンラインでつながることで適時対応が可能となります。

医師にとっては、限られた時間の中でも患者の生活状況を把握し、より細やかなケアが可能となります。

お問い合わせ

YaDocについての詳しいご説明をご希望の方は、当社の問い合わせページよりご連絡ください。

お問い合わせページへkeyboard_arrow_right

※YaDoc(ヤードック)は、株式会社インテグリティ・ヘルスケアが出願中の商標です。

ページの上へ